耐震・バリアフリー
耐震・バリアフリー
アイコン
アイコン

なぜお客様に選ばれているのか、
その理由は…

一級建築士による
バリアフリーリフォーム!
お家のどの箇所でも
オールマイティに対応可能なんです!

  • 施工数多数
  • 耐震にも配慮
  • 補助金もお任せ

こんな方にバリアフリーリフォームを
おススメしています

  • 体力が気になってきた方
  • 病気や事故のせいで今の家に障壁を感じる方
  • 将来のために今からリフォームを検討している方
  • 小さいお子様やペットがいる方

上記に当てはまった方、
是非バリアフリーリフォームを検討してみませんか?

バリアフリーリフォームは全ての人が
気持ちよく暮らすためのリフォームです

介助を求めず、「自分の力で動いて生活したい」「家族全員が過ごしやすい家にしたい」そういったご要望を最大限可能にするためのバリアフリーリフォーム。

ちょっとした段差一つでも、お年寄りや障碍者の方にとっては転倒などの事故の原因になりかねません。そのままで我慢するのではなく、安全に、 健康的に、バリアフリーリフォームによって解消していきませんか? 実際にどうしたらいいか、費用などの相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

実際の施工事例

K様邸戸建て全面改装工事

K様邸  戸建て全面改装工事

築50年の寒いタイル風呂は解体・減築し、使い勝手の良い場所に、ユニットバスを設置しました。新しい浴室は暖かく、段差もなく安心です。

K様邸戸建て全面改装工事
K様邸戸建て全面改装工事
K様邸戸建て全面改装工事
K様邸戸建て全面改装工事

K様邸  戸建て全面改装工事

築50年の寒いタイル風呂は解体・減築し、使い勝手の良い場所に、ユニットバスを設置しました。新しい浴室は暖かく、段差もなく安心です。

N様邸トイレリフォーム
N様邸トイレリフォーム

N様邸  トイレリフォーム事例

<お客様からいただいた声>
まだ元気な母が独りで住む実家のトイレであり、当初ウォシュレットが壊れただけだから不自由はないと母は言い張っていました。いつものごとく「もったいない」です。それでも、やはり廊下との段差や寒々しい様子が気になりました。
工事が完了し、段差の無くなったトイレで、つい足を上げてしまうと苦笑いの母でしたが、お蔭様ですぐに慣れました。便利さって人それぞれ、やってみて知る思わぬ便利さ、有難い経験でした。素晴らしいお仕事、本当にありがとうございました。

N様邸  トイレリフォーム事例

<お客様からいただいた声>
まだ元気な母が独りで住む実家のトイレであり、当初ウォシュレットが壊れただけだから不自由はないと母は言い張っていました。いつものごとく「もったいない」です。それでも、やはり廊下との段差や寒々しい様子が気になりました。
工事が完了し、段差の無くなったトイレで、つい足を上げてしまうと苦笑いの母でしたが、お蔭様ですぐに慣れました。便利さって人それぞれ、やってみて知る思わぬ便利さ、有難い経験でした。素晴らしいお仕事、本当にありがとうございました。

施工期間はおおよそ1日~2日間の為、住みながらのリフォームが可能!

バリアフリーリフォームには介護保険が適用されるって知ってましたか?

実は、バリアフリーリフォームには介護保険が適用されるってご存知でしたか?
「要支援」または「要介護」と認定された方のうち、実際に居住している住宅の介護リフォームが必要な人に対して、一生涯で20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれます。

対象工事

アイコン
アイコン

バリアフリーリフォームには、自治体によって、独自の補助金制度を設けている場合があります。
また障碍者として認定を受けている方は、ほとんどの自治体でバリアフリーリフォームに補助金が適用されています。実際の助成額はそれぞれ異なりますので、事前に市町村の窓口で相談することをお勧めします。

長く住みたいなら耐震も大切!

経年劣化によりお家が弱って
地震に弱っているかも?
一緒に見直しましょう!

セルフチェック項目

  • 地震の後壁にひび割れができた
  • 屋根の瓦がずれた。落ちてきた
  • 昭和55年以前に建てた家に居住
  • 家の構造図面が残っていない
  • 10年以上リフォーム、改修していない
  • 過去に家の改修、増築をしたことがある
  • 自宅のリフォームを考えている
  • 耐震改修の補助金が気になっていた
  • ドアや窓が開き(閉め)づらくなった
  • 2階の床が斜めになったように感じる
  • 耐震診断をしようかと考えていた
2つ以上当てはまった方には
相談をおススメしています。

お問い合わせいただく方がご不満に感じてらっしゃるのは次に地震が来た時に大丈夫かどうかということが多いです。

目に見える外壁のひび割れや瓦の破損などは、壁内へ雨水が侵入してしまいますので早急の補修が必要です。しかし本当に重要なのは、補修だけでいいのかどうかの判断です。その破損の原因がなんなのかを知っておくことが重要になります。

不安を解消するためにはやはりプロへの相談が一番です。相談をしたうえで耐震改修が必要であれば、ご予算に合わせてプランを立てご予算に合わせて実行すればよいと思います。

弊社では皆様のご不安を解消できるように窓口を開設いたしました。安心安全な住まいを実現するために、お気軽にまずはご相談くださいませ。

今すぐお問い合わせはこちら
お気軽にWebからお問い合わせください
コンセプト
外壁価格表
外壁塗装キャンペーン
屋根塗装キャンペーン
チラシ情報
リフォーム×介護