川崎でリフォームをするならミスタービルド生田

施工事例を紹介します

川崎市多摩区E様邸  外壁塗装・バルコニー敷板取換え工事


 

概要

地域

 川崎市多摩区南生田

施工箇所

 外壁・バルコニー

工費

 115万

工期

 2週間

リフォーム施工前

 
外観を守ってきたペンキも長年の時間を経ると剥がれて下地が見えてしまいます。これを塗り替える工事が始まります。 破風板・軒天なども同じ時間で剥がれが発生してきます。この機会なので一緒に塗り替え、外観の家の若返りを図ります。 バルコニーの敷板も同じように長年の時間を経て腐ってしまいます。バルコニーの敷板が腐ってしまったようなので今回止む無く新規で作り替えます。(打ち合わせ中です)

リフォーム施工中

 
今回は全面塗り替えで、外壁面のほとんどが木部なのでペンキ職人さんも大仕事です。
ペンキには下塗りが必要です。
外壁、破風板、軒天、手すりに下塗りを施して、本塗に入ります。
戸袋、周辺も入念に塗り上げます。
バルコニーの敷板には、気持ちeデッキという国産杉材を使います。塗料はウッドロングエコという自然防腐剤を使用します。これにより普通のスプールスの2倍の長持ちを実現いたします。 今回、バルコニー天端は板金仕上げなので釘やビスの固定が出来ません。
大工さんも悩んだ末にこのような施工になりました。水平を合わせ、水の通り道を作ります。
場所の確保もリフォーム工事には大事です。今回はお庭をお借りして工事の作業場にさせていただきました。ここから2階のバルコニーへ荷揚げしました。

リフォーム施工後


施工前にははだけていた外壁がきれいに上塗りされて以前の若さを取り戻しました。  バルコニーの手すりも錆びを落とし、白色から黒色に変わり、しまった印象になりました。 窓回りの戸袋、縁側もきれいになり、心地よい場所になりました。
     
塗装の剥がれも塗り替えによってきれいになりました。 国産杉材は柔らかく、素足で歩いても気持ちいいです。フラットになりお客様も喜んでいます。  

▲ 他の施工事例を見る